検証

検証

クライアントは、次の3つの方法のいずれかで自分の身元を確認できます。

 

個人アカウントのデータの検証

これには以下が必要です。

個人アカウントが登録されている身分証明書(市民のパスポート/国民識別カード/外国のパスポート)を「確認」セクションにアップロードします。

フロントページ(写真ページ)でIDドキュメントを開いた状態でフルフェイスのセルフをアップロードします。マネージャーの顔とドキュメントの内容がはっきりと見えるように、写真は高解像度である必要があります(写真は認識可能であり、ドキュメント内の個人データは読み取り可能である必要があります)。

申請に対する回答は、すべての条件が満たされた後、数時間以内に、個人アカウントの登録時に指定された電子メールに送信されます。監査の結果に基づいて、必要に応じて、会社は追加の文書を要求する場合があります。

 

Skypeを介したクライアントの検証

Skypeを使用して本人確認を行うには、次のことを行う必要があります。

  • 身分証明書を個人アカウントにアップロードします。
  • 写真または完成した申請書を添えて[email protected]電子メールを送信してください。Skype経由で本人確認を申請します。

 

申し込みの際は、Skypeで連絡先の詳細、個人アカウント番号、電話をかけるのに都合のよい時間を指定する必要があります。申請の確認は、合意された連絡時間で会社の従業員からの手紙になります。

重要!Skypeによる検証手順は、クライアントがWebカメラを持っている場合にのみ可能です。

会社の従業員は、事前に合意された時間に、JFSBrokers_verifyという名前でのみクライアントに連絡します。

指定された時間に、会社の従業員は、Skypeを介して指定された連絡先の詳細を使用してクライアントに連絡します。通話中、アプリケーションでクライアントが示したデータと身分証明書のデータとの対応を確認し、フロントページで身分証明書を開いた状態でクライアントのフルフェイス写真を撮ります。何らかの理由で通話が行われなかった場合、クライアントは新しいリクエストを作成する必要があります。

 

書類の送料

クライアントがSkypeまたは個人アカウントで確認に合格できない場合は、公証された署名付きの元のアプリケーションと、個人アカウントで指定されたドキュメントのシリアルコピーを会社の郵送先住所に送信する必要があります。

株式市場で取引する準備はできましたか?